【面接官心得】面接官を初めてやる人用マニュアル【これだけでOK!】

現役面接官による面接対策

はじめて面接官をやるけど、何をしていいかわからなくて不安

そもそもどんな流れでやるんだっけ?もう自分の時の事は忘れた。。

どんな質問をすればいいんだろう?

気をつけなきゃいけないタブーの質問ってなんだろう?

質問考えるの面倒だなー。そのまま使える質問例集が欲しいわ・・・

こういった疑問に、現役面接官の筆者が、豊富な面接官経験をベースに答えます。

採用活動において、面接は非常に重要な役割であり、面接を運営する面接官は「会社の顔」です。

筆者は勤め先の某インフラ系企業で、毎年面接官をつとめています。

そんな筆者が、「面接官の心得」として

  • 心構え
  • 面接のやり方、手順
  • 応募者の中から優秀な人材を見抜く質問
  • タブーな質問

などを分かりやすくポイントをしぼって解説していきます!

これさえ読めば「初めての面接(採用選考)」も安心です。

主に、初心者面接官面接官側の内情を知って作戦を立てたい新卒学生にオススメです。

面接官の心得

まずは超基本的な所からポイントを説明していきます。

面接官のミッションは見極めと惹き付けの2つ

まず、面接官に求められているミッションは「見極め」と「惹き付け」の2つです。

1つ目の「見極め」は面接官経験が無い方でもわかると思います。

2つ目の「惹き付け」はどうでしょうか?

応募者側にとって、面接官は「その企業の一部」です。

つまり、面接官の振る舞い、言動、身なり、能力は全て応募者にとって志望度を左右する判断材料なんです。

だから惹き付けないと、面接官が原因で他社に優秀な人材を奪われてしまいます。

つまり、面接官はその会社の中でも、『志望度を高める様な魅力を持ち、更に人材を見極める力も高い社員』が行います。

もし、あなたが面接官初心者だとしたら、自信を持って良いです、 会社からかなり高い評価をされていると思います。

ぜひその能力を活かして優秀な人材を確保しましょう。

とにかく沢山質問して、優秀か見抜けば良い

というワケではないんです。

面接官は「応募者に常に見られている」という心構えで臨む

前述の「面接官のミッションは2つ」で解説した通り、面接官の振る舞いは応募者の志望度を左右します。

なので、「応募者に常に見られている」という心構えで臨みましょう。

優秀な人材であればあるほど、面接官を一つの社員サンプルとして見極めようとします。

下記は全部、判断材料になっています。

逆質問に対する回答の質
質問自体の質
更問の鋭さ
会話のスピード
見極めの力
身なり
態度
言動
立ち振る舞い

面接に臨む際の服装

前述の「面接官は常に見られている」で解説した通り、応募者は面接官の身なりもチェックしています。

シャツがよれてたり、エリが出てたりしたら、応募者からすれば減点です。

逆に特に喋ってなくても、身なりがビシッとしているだけで好印象になります。

だから、あなた自信が就活・転職する位の勢いで身なりを整えて臨みましょう。

応募者は合格でも不合格でも「お客様」

不合格者は自社のお客様になるかもしれません。

合格者も、内定辞退すればお客様になります。

なので、応募者は誰であろうと「お客様」なんです。

丁重に、自社の信用を損なわない様に、接しましょう!


以上ここまで、面接官に求められる心構えでした!

続いて、面接のやり方を解説していきます。

面接のやり方

まずは、面接の流れから解説していきます。

面接の流れと時間の目安は、どこの企業も大体下記の通りです。

1.面接部屋への呼び込みとアイスブレイク:30秒
2.お互いに挨拶:40秒
3.導入(流れの説明):30秒
4.面接官側の自己紹介:1分程度
5.見極め質問:5〜20分
6.惹き付け質問:0〜20分
7.見送り:20秒程度
8.評価シート記入:2〜5分程度
9.次の応募者のESおさらい:0〜2分

では順番に解説していきます。

面接部屋への呼び込みとアイスブレイク:20秒

まずは応募者を面接会場(部屋)に呼び込みます。

多くの応募者は緊張しているので、ここでさらっとアイスブレイクにより緊張を解き、応募者の実力や本音を引き出しやすくしましょう。

アイスブレイクは『相手が絶対に知っているネタで尚且つ相手が嬉しい事』がベストです。

一番オススメはエントリーシートや履歴書にのっている相手の強みです。

相手の強み(趣味、特技、自己PR等)に触れると、話しやすいので一気に緊張をほぐせます。

面接官
面接官

自己PR読みました。●●やってたんですね。素晴らしいです。

今日は色々聞かせて下さいね。

応募者
応募者

ありがとうございます!そうなんですよ。4年位やってまして~~

趣味、特技、自己PR等に触れると、相手は一気に緊張がほぐれます。

お互いに挨拶:40秒

お互いに挨拶をかわしましょう。

第一印象が決まるので、面接官側も元気よく、ハキハキ、最大限印象が良くなる様に挨拶しましょう。

応募者
応募者

●●と申します!本日はよろしくお願いします!

本日面接させて頂く●●部の●●です!よろしくおねがいします!

導入(流れの説明):30秒

質問を始める前に、面接全体の流れを伝えましょう。

本日は25分程度で色々質問させて頂きます。

短い時間なので、なるべくシンプルに●さんらしさを出し切って回答をお願いします。

また、最後に●さんからも質問の時間をもうけます。よろしくおねがいします!

目的は、応募者側も面接官側ともに、アピール漏れ、聞き漏れを減らす為です。

面接官をやってみるとわかるのですが、意外とあっという間で、時間配分が非常に難しいんです。

面接官側の自己紹介:1分程度

面接官側も自己紹介をしましょう。

話す内容は

  • 所属部署
  • 苗字
  • 仕事の内容

程度で充分ですが、特に仕事の内容は「惹きつけ要素の1つ」なので、応募者にとって最大限イメージがつく、なおかつ魅力ある伝え方を工夫しましょう。

名刺を渡して良い場合は名刺を渡しましょう。

見抜く質問(見極め):5分〜20分

まずは、見極める為の質問をしましょう。

下記が、長年面接官をやってきた筆者がいきついた「スピーディーに応募者の実力、行動実績を見極められる質問」です。

質問を沢山覚えなくても、最初はこれだけで充分です。

スピーディーに見極められる最強の質問!
  1. これまで最も苦労した事について「目指していた目標」「目標達成に向けて行ったあなたの具体的な行動」を教えて下さい。
  2. 【更問】その目標を達成する為に、1番課題だった事の内容1番とする理由は?
  3. 【更問】その課題をどう解決したのですか?数ある手段の中その手段を選択した理由は?

この3つの質問に対する回答を聞くだけで、応募者の行動力・思考力・価値観・本音・リーダーシップが概ね透けて見えます。

あとは、あなたが気になった所を

  • なぜそう考えたのか?
  • なぜそう行動したのか?

という観点で、応募者の思考と行動を深堀りして質問しましょう。

そして、回答を聞いた時点であなたから応募者への印象は

  1. 絶対通したい!
  2. 微妙・・・
  3. 不採用!

のどれかになると思いますので、ここから先は進め方を分岐させましょう。

  1. 絶対通したい!⇒見極めをやめ、惹きつけにシフト
  2. 微妙・不採用⇒見極め継続(「他に苦労した事は?」か「一番の失敗は?」問う)

とわけるんです。

一番大事なポイントは、優秀ならすぐ見極めから惹きつけにシフトするという事です。

採用活動の目的は「人材確保」なので、優秀な人材には、限られた時間で最大限志望度をあげてもらうわけです。

もし、会話し始めてすぐ「絶対内定だ」と確信したら、更問などせずすぐ惹きつけにシフトしてかまいません。

優秀な人材は見極めよりも惹きつけが大事
[ad]

惹き付け質問:0分〜20分

注.この工程は、見極め質問で「微妙・不採用」となった応募者に行う必要はありません

採りたいと思った人には存分に時間をかけて全力で行いましょう!

オススメは下記の様なキャッチボールです。

優秀な人材を惹きつけるキャッチボール
  1. ●●さんはどんな仕事がやりたいですか?
  2. 【更問】その仕事は当社なら確かにできます具体的には●●等のプロジェクトがあります。●●さんだったらどんな事にチャレンジしますか?
  3. 【更問】なるほど。●●さんなら●●なのでできそうですね。

という感じで、志望と仕事のマッチング度合いを示しましょう。

応募者の志望と実際の仕事がマッチしている事を具体的に示す!

お見送り:30秒

面接官
面接官

本日は沢山お話を聞かせて頂きありがとうございました!

本記事前半で触れた「応募者はお客様」を忘れずに!

丁寧にお見送りしましょう。

評価シート記入:2〜5分

終わったら記憶が新たなうちに評価を記録しましょう。

一日に10人も面接すれば、正直最初に話した応募者の事はよっぽどの強いインパクトが無い限り、うろ覚えになります。

なので、1人おわったら必ずその場ですぐ!評価を記録した方がいいです。

「あとでまとめて記録」は結構難しいです。

次の応募者のESおさらい:0〜2分

終わったらすぐに、次に面接する応募者のESや履歴書をおさらいしましょう。

おさらいしておくことで、本記事で触れたアイスブレイクができますし、頭を切り替える事ができます。

番外編:合否連絡

企業によっては、面接官が担当した応募者に直接合否連絡をします。

面接官
面接官

本日面接を担当させて頂いた●●です。

面接の結果をお伝えする為、電話をさせて頂きました。

選考の結果●●さんは●次面接通過とし、次に進んで頂きたいです。

応募者
応募者

ありがとうございます!

という感じです。

応募者を惹き付け好感を持たれる面接官スキル

本記事ではしつこくでてきますが、面接官は「惹きつけ」が重要です。

応募者をひきつける為に、会話内容以外に下記も注意して臨んで下さい。

  • 笑顔
  • うなづき
  • 相槌
  • 応募者の話のペースやトーンに合わせて会話する
  • 話の内容を要約して相手に返す

これらを行うと、「しっかり自分の事を理解しようとしてくれるし、好意的に親身に話を聞いてくれる会社だ」という良い印象をもってもらえます。

タブー質問とタブー行動

逆にやってしまうとあなたの会社の評判を下げてしまう行為が下記です。

最近はSNSや掲示板等で一気に拡散してしまうので、問題ある行動をしてしまうと、採りたい優秀人材を逃すばかりでなく、会社にも大きなダメージを与える場合もあるので充分気を付けましょう!

タブー質問

  • 宗教・支持政党:所属している宗教や支持している政党はありますか?
  • 性:LGBTではありませんか?

タブー行動

  • 大幅な開始遅延・終了遅延
  • 上から目線
  • 不潔
  • 挨拶がない

このいわゆる「タブー質問」については下記の記事で詳しく解説しています。

かなり奥が深くて、さらに会社の信用にも大きく関る事なのでしっかり覚えておいたほうが良いです。

事前に応募者側の心理や作戦を知っておく

本音を探り、実力を見極める為に「応募者側の作戦の把握」も事前にしておきましょう。

応募者も当然面接の対策をして臨んでいます。

本サイトでは、面接官向けだけではなく応募者向けの記事も発信していますので、主な物をご紹介します。

  • アピールネタが無い場合の作戦
  • 長所と短所を聞かれた時の作戦
  • 志望動機に関する作戦
  • 将来の目標、キャリアプランに関する作戦
  • 逆質問に関する作戦

本サイト面接カテゴリのへのリンク

本記事以外で、筆者が参考になると思った「面接官の心得」関連の記事

本記事以外で、筆者が「これは参考になる!」と思った記事を紹介します。

  1. 面接官の心得!面接のやり方から、見抜く質問、タブーな質問徹底解説(リクルート関連)
  2. 面接官の心得・役割・ゴールと、目的別「50の面接質問」まとめ!(エン・ジャパン)
  3. 面接官を初めてやる人が知っておきたい質問例7つと面接ノウハウ【面接評価シート付】(dodadsj)

おわりに

ここまで読んだあなたはもう、面接官の心得がわかりましたね。

検索一位のサイトでサラっとおわらせず、二番目三番目と調べまくり、まだ有名ではないこのサイトにたどり着けるあなただから、元から意識の高い優秀な方です。

そんなあなたが、本記事の手順を実行すればもう無敵。

見極めも惹きつけもでき、優秀な人材を確保できるでしょう!

健闘を祈ります。

役立った人は下のシェアボタンで自分の知り合い等へ広めて頂けるとうれしいです!

また、記事の追記要望・新たな記事の執筆要望等あれば気軽にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました