【なぜ!?】病気のなりやすさNo1!「AB型」の体質

性格・体質の分析とタイプ別対策

日本では10人に1人※の少数派「AB型」。彼ら彼女らの「体質」に迫ります。

※数値出典:wikipedia

AB型の体質と理由

長年の研究から、AB型には下記の体質傾向があるとわかってきています。

免疫力

×「A型細菌」に対抗できない

×「B型細菌」にも対抗できない

食べ物の適性

◎何でも食べられる

◎アレルギーも起こりにくい

AB型が、この体質となるのは、体内の腸内細菌類が「A型農耕民の主食(穀物、植物)」「B型遊牧民の主食(乳製品や羊肉)」その両方を消化できる様に発達してきた為です。

なぜ両方消化できるか?それはAB型が「A型農耕民とB型遊牧民の混血」だから。免疫と食べ物適正は病気、ストレス耐性、性格にも影響します。どういう事か解説していきます。

AB型のなりやすい病気

ABは残念ながら「最も病気になりやすい血液型」です。

私AB型なんだけど、皆よりやけに病気になり易い気がしてたのよね・・・一体なぜなのかしら??

A型・B型細菌両方に免疫がない事。そして、この世の中に

A型・B型細菌が沢山いるという悪条件が揃っているからですね。

感染しやすい為、疲れ・ストレスもかかえやすい様です。特に、かかりやすい病気は↓です。

かかりやすい病気

・肺炎
・天然痘
・インフルエンザ(エイチ型)

続いて、今度は「AB型の食べ物適正」をみてみましょう。

AB型の食べ物適性

病気には弱いAB型ですが、食べ物はA型物質でもB型物質でも抵抗なく体にとりこまれやすいという羨ましい特徴を持ちます。

なので、AB型の体にあう食べ物は米、肉、魚、果物、ほぼなんでもOKとなります。


ここまでが、血液型による特徴です。

体質は血液型だけではなく産まれた後の食生活も影響します。A型農耕民は穀物・植物を、B型遊牧民は乳製品を、O型狩猟民は肉を食べていた事が体質の差に影響しています。

なので、病気になりやすいAB型はどの血液型よりも「食生活で免疫を高める事」が重要になってくると思います。

そして、あと最後にもう一つ「遺伝」も影響します。これは人により様々ですが忘れてはいけないポイントです。

以上、AB型の体質でした!

続いて、AB型の性格&他の血液型との相性も是非ご覧下さい。

他にも、A型、B型、O型の体質も解説しています!

2020年3月20日追記

コロナウイルスと血液型の関係について、本サイト独自分析も行い記事にしました。

A型、B型、O型の性格はこちら!

参考文献

  1. 血液型で分かる なりやすい病気・なりにくい病気 (講談社) 新書 2013/11/21 永田 宏
  2. 本当は怖い血液型 (イースト・プレス-文庫ぎんが堂) 文庫 2011/3/1 全日本血液型研究会
  3. 食物アレルギーのすべてがわかる本 (講談社) 単行本 2014/5/29 海老澤 元宏
  4. 保健室で見るアレルギーの本〈1〉食べ物のお話 (国土社)大型本 2010/1 近藤 とも子
  5. ABO血液型がわかる科学 (岩波ジュニア新書) 新書 2015/7/23 山本 文一郎
  6. 血液型の暗号(日東書院本社)単行本 2008/9/18 藤田 紘一郎

コメント

タイトルとURLをコピーしました