【日本での割合が3人兄弟と逆転!】一人っ子の性格と弱みの解決方法

一人っ子の割合性格・体質の分析とタイプ別対策
一人っ子の割合

(※この記事は2020年5月8日に更新しました)

先日こんなツイートをしました。

18.6%。日本の一人っ子の割合です。

17.8%。日本の3人兄弟の割合です。

あなたは知ってましたか?

現在の日本は、3人兄弟よりも一人っ子の方が多いんです。

特に、今20代後半以上の人は「珍しい」「クラスに1~2人いるか」という印象ではないでしょうか?

実は、昔は珍しい存在だった一人っ子が今、かなり増えているんです。

本記事はその一人っ子がテーマです。

日本における割合、特徴(強み弱み)、その理由、弱み克服プランまで徹底解説します!

まずは、現状をみてみましょう!

【日本での割合が3人兄弟と逆転!】一人っ子の性格と弱みの解決方法

もしあなたが30代以上の方なら「一人っ子って珍しい」という感覚ですよね。

そして、性格の特徴は一般的に「変わり者」「空気読めない」という感じ。

時代は変わりました。

結論、現代においては一人っ子は珍しくも何ともありません

私は、本記事を執筆する過程でベストセラーファクトフルネスに出てくる「みんな同じ勘違いをしている」「事実を元に世界を見て行けば、判断力が上がり、何を恐れ、何に希望を持つか変わってくる」という話と似ていると感じました。

(ファクトフルネスの要約は、flierのFACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣がわかりやすいです)

もしかすると、一人っ子が増加していけばそして「変わり者」「空気読めない」という客観的評価も、今後増加していけば一変する可能性があります。

ファクトフルネスではありませんが、まずはファクト(事実)をみていきましょう!

日本における一人っ子の割合

一人っ子の割合

上のグラフが、日本における一人っ子率の推移です。

実は昔と違ってめちゃくちゃ増えているんです。

※前提:夫婦の出生子ども数分布の推移(結婚持続期間15~19年)

※出典:国立社会保障・人口問題研究所「平成27年出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」データを加工

※2020年の数値は、2015年実績に直近調査3回の平均実績伸び率を乗算して算定

実は3人兄弟より一人っ子の方が多い!

実は既に、3人兄弟(19%)と既に逆転しているんです。

昭和57年のは9%(10人に1人)から年々増え、平成27年には20%(5人に1人)まで増えているんです!

3人兄弟よりも多いなんて、あまり知られていないんじゃないでしょうか?

実は筆者は上記データを分析していてはじめて知りました。

本記事は、今後注目されるこの「一人っ子(単独子)」がテーマです。

なぜ一人っ子は増えたの?

「子育てや教育にお金がかかりすぎる」という理由が圧倒的に多いんだよ。

「理想の子ども数」は2~3人だけど、しかたなく一人っ子に…という事。

だから、景気・所得が良くなれば向上すればまた変わるかもね。

ひとりっ子の割合まとめ

  • 今は5人に1人が一人っ子
  • 3人兄弟の家庭より一人っ子の家庭の方が多い

続いて、その主流になりつつあるひとりっ子の性格の特徴を解説していきます!

一人っ子の人に共通する性格の特徴

一人っ子の人に共通して言える性格に関する特徴を箇条書きでまとめました。

どんな物があるかみてみましょう!

考え方

  1. 「損得」が判断基準
  2. 頼らず、相談せず、迷わず
  3. 人付き合いを重視しない
  4. 目標が高い
  5. 常識はずれ
  6. 必要以上に警戒しない
  7. 大人っぽい
  8. 「自分は特別」と感じている
  9. 自己中心的でマイペース

得意なこと、強み

  1. 自己肯定力が高い
  2. 集中力が高い
  3. 孤独に強い
  4. 目上との会話が得意
  5. 自分で考えること
  6. 人に嫌われる事がこわくない
  7. 都合が悪い話の回避が上手
  8. クリエイティブ

苦手なこと、弱み

  1. リーダーシップ発揮が苦手
  2. 他人に合せる事が苦手
  3. 人に頼ること
  4. 他人に興味をもつことが苦手
  5. 叱られ・叱りが苦手
  6. アピールが苦手
  7. リアクションが苦手
  8. 努力を惜しむ
  9. 仲直りが苦手
  10. 人を話を長く聞くのが苦手
  11. 会話の順番まちが苦手
  12. 人との貸し借りが苦手
  13. 他人にプランを変更される事
  14. 人見知り
  15. 攻撃(口論ふくむ)の加減
  16. 目立てないことが苦手
  17. 競争(負け)が苦手
  18. 思い通りにできない環境

以上35個です。

あなたのまわりの一人っ子にあてはまる部分があったでしょうか?

次に、こうなる理由ひとりっ子の子供時代からひもときましょう。

一人っ子の子供時代

兄弟がいないという環境の中、どんな所が、他の兄弟型と異なるのか。

その環境的特徴と大人になるまでに作られる性格とのつながりを具体的に解説していきます!

リーダー経験、チームワーク経験が少ない!

リーダー経験、兄弟とのチームワークや、発言の順番待ちはしたことない!

  • 一人で過ごす事が多い為「リーダー経験」がほとんどない
  • 「皆で協力して成し遂げる事」が苦手
  • 順番を待たず、思い付いたらすぐに発言

親を100%独り占め!

親の愛情、お金、時間は全て自分のもの!それが当たり前!

・・・という人生を送ってきた結果

  • 自分を信じ周りに合せない(いつも肯定されたから)
  • 学歴高め(両親に期待され、勉強に力もお金も注いでもらったから)
  • 人の目や相手の思いを気にしない(自分が正しい前提だから)
  • 叱り・叱られは苦手(叱られなかったから)

という傾向に。

1人で決断・解決!

自分だけで決める!頼らなくて平気!ずっとそうしてきたし!

・・・という人生を送ってきた結果

  • 自分で判断(いつも自分で決めきたから)
  • 頼らず、相談せず、迷わず(マイルールがあるから)
  • 人付き合いを軽視(依頼も相談もしないから)
  • 嫌われる事がこわくない(他人に依存しないから)
  • 人付き合いに目的がある(損得勘定)
  • 他人との会話に力を使わない(人付き合いを軽視してるから)
  • 会話しながら悩む(損得が頭をよぎる為)
  • 自分に都合悪い話の回避が得意(損が嫌い)

という傾向に。

「1人行動」が多かった!

ほとんど1人、たまに親と。皆とでかけても、よく1人になる

・・・という人生を送ってきた結果

  • 孤独に強い(1人で過ごしてきたから)
  • 他人を誘わない(1人で過ごせるから)
  • 交遊関係が狭い(誘わないから)

という傾向に。

「大人との接点」が多かった

親と出かける事が多かった!親の知り合いとよく会話してた!大人の輪に参加してた!

・・・という人生を送ってきた結果

  • 目標が高い(大人と張り合ってきたから)
  • 幼い頃から、大人っぽい(大人と過ごしてたから)
  • 目上との会話は得意(大人と会話してたから)

という傾向に。

兄弟や友人との接点がない反面、親と一緒に、親の知り合いを交えた場や親の趣味(スポーツ、)に付き合う事は多い。
兄弟がいれば「子供同士で遊んでて」となる場面でも、相手がいない為、子供ながら大人と一緒にいる事が多く、大人の会話にも自然と参加してきた人が多い。

同年代・年下と接点が少ない

「兄弟の友達」とかもいないし、大体1人!

・・・という人生を送ってきた結果

  • 同年代や初対面の人が苦手、人見知り(初対面殆どなかったから)
  • 常識知らず(一般・常識・普通を知る機会が少ないから)

という傾向に。

競争がなかった

家では、頑張らなくても注目されるし、負けた事なんてない

・・・という人生を送ってきた結果

  • アピール少なめ(アピールする必要がなかった)
  • リアクション薄(リアクションがいらなかった為)
  • 気の利いた返事しない(気の利いた返事がいらなかった為)
  • 目立てないと不満・違和感(慣れてない)
  • 人と同じことが嫌い(目立つのが普通だったから)
  • 学歴・能力が高め(目立つため努力)

という傾向に。

競争が得意ではないため、1番より「自分の損得基準で努力と成果が見合う中で1番目立つポジション」を狙う(勝てる時だけ勝負)

いつも思い通りに行動!

いつも、自分の行きたい場所でやりたい事をやってた

・・・という人生を送ってきた結果

  • 他人に合わせない(思い通りやるのがあたり前)
  • 変更されにくいプランを立てる(他人にプランを変更されたくないから)

という傾向に。

いつも集中できた

誰にも邪魔されず、考え事も全神経を集中できた

  • 他人と一緒でも、1人で考えこむ(集中しすぎて)
  • 知合いがいても気付かない(集中しすぎて)

という傾向に。

欲しい物を簡単にゲット!

おやつもおもちゃも常に自分の物!取られる心配もない

・・・という人生を送ってきた結果

  • 警戒心低め。好きな物は最後に食べる系(取られると思わない)

という傾向に。

いつも話を聞いてもらえた!

話したい時に話す!聞きたい時に聞く(親があわせてくれた)

・・・という人生を送ってきた結果

  • 会話が自分ペース
  • 人の話を聞いていない
  • いきなり会話の流れを変える

という傾向に。

貸し借りの経験が少ない!

あれもこれも自分専用!「貸して」と言われないし、借りる必要がない

・・・という人生を送ってきた結果

  • 貸し借りが苦手(貸し借りになれてない)
  • 出かける時は万全の準備をする(貸し借りしたくないから)

という傾向に。

けんかの経験が少ない

いつも平和。遊ぶ相手もいないけど、戦う相手もいない

  • 仲直りが苦手
  • 攻撃(口論ふくむ)の加減を間違う

という傾向に。

一人っ子に共通する弱みを解決するアクションプラン

一人っ子の弱みは、沢山あるものの、特に繰り返し出てくる強い傾向は

  1. リーダーシップの不足(チームでリーダーシップを発揮する、協調する等の経験が不足)
  2. アピールが下手(兄弟がいなかったのでアピール練習が少ない)
  3. 興味が無い事には努力を惜しむ(競争も無くマイペースに生きてきた)

ですね。

この2つの解決に向けた具体的アクションプランをご紹介します!

リーダーシップ不足!の解決アクションプラン

チームワークを全く経験してこなった一人っ子も、就職して役職についたり、外注先をマネジメントしたり、プロジェクトのリーダーをつとめる等、様々な機会でチームやプロジェクトメンバーを牽引するリーダーシップが必要となります。

しかし、リーダーシップは実は「スキル」の一種であり、苦手意識を持つ人でもスキルとして後天的に高める事が可能です。

某企業で管理職として働く筆者が、本サイトの記事【現役課長による】リーダーシップをスキルとして高める方法TOP10において、簡単かつ効果の高い方法を紹介していますので、是非ご覧下さい!

アピール下手の解決アクションプラン

一人っ子は「アピール」という世界において、非常に生ぬるい環境で育ちます。

「大人と接する事が多い=競合がいない+甘やかされがち」なので、アピールしなくても問題なく行けていけます。

兄弟とのアピール競争に試行錯誤してきた一人っ子以外には負けてしまいます。

しかし、一歩社会にでれば、特に会社ではアピールが重要になります。

そこで1つ解決策を紹介します。

アピールの場面として頻発するシーンの1つにが「手を挙げる場面」があります。

この手を挙げる場面で、躊躇せず、誰よりも先に、挙手する事ができれば、アピールにつながります。

本サイトの記事【出世する人・チャンスを掴む人】大勢の前で1番に手をあげる方法で、挙手が苦手な人が自信をもって挙手できる様になる具体的アクションプランを紹介しているので、是非ご覧下さい。

興味が無いとやる気スイッチオフ!の解決アクションプラン

コントロールし難い印象が強い「やる気」「モチベーション」について、その正体からやる気スイッチを入れる方法まで、本サイトの記事【答えは脳内ホルモン】やる気スイッチはどこ?【入れ方は脳への暗示】において詳しく解説しているのでご覧ください。

一人っ子の有名人

一人っ子の有名人は、実は一人っ子だった意外な有名人ランキング(gooランキング)で沢山紹介されています。

かなり個性的な人が多い印象ですね。

おわりに

以上、一人っ子の性格に関する特徴と理由と弱み解決方法でした!

なお、兄弟型の特徴はあくまでうまれたあとの変化です!

性格は産まれ持った要素(血液型等)も関係しているんです。

なので、うまれたあとの変化(=本記事)にプラスして、産まれもった特徴(血液型)もみると良いです。

本記事は以上です。

シェアボタンで広めて頂けたら、うれしいです!

主な参考文献

  1. どうしたらうまくいく? きょうだい子育て (主婦の友社 Como子育てBOOKS) 単行本 2013/7/12 Como編集部
  2. 「一人っ子長女」のための本 (新講社)単行本 2003/12 多湖 輝
  3. 「一人っ子長男」のための本 (新講社)単行本 2004/5 多湖 輝
  4. 不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち 「きょうだい型」性格分析&コミュニケーション (ディスカヴァー・トゥエンティワン)単行本 2016/11/11 五百田 達成
  5. ひとりっ子の頭ん中 (KADOKAWA/中経出版中経の文庫) 文庫 2014/10/27 朝井 麻由美
  6. 人生が大きく変わる アドラー心理学入門(かんき出版) 単行本 2014/12/24 岩井 俊憲

コメント

タイトルとURLをコピーしました